よく人から人間っぽくないと言われます
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by : スポンサードリンク | - | | - | -
<< 昏睡状態の恋人、あなたはどうしますか? | main | ユースケ・サンタマリアのとぼけた演技 >>
夫婦の記憶
明日の記憶
明日の記憶
荻原 浩

妻と二人で試写会にいってきました。若年性のアルツハイマー症候群に侵されていく働き盛りサラリーマンと彼を支える妻の夫婦愛をテーマにした映画です。映画としては、回想内容なので、最初から結末がわかり安心して見れます。渡辺健さんご自身の白血病の闘病生活が、この映画の演技や演出に大きく影響していました。認知症という現実に闘病や看病されている方が大勢いる病気については、映画としての扱い方は、非常に難しかったようです。ですから、映画では、目を覆いたくなるような痛々しいシーンは極力避けられ、現実と主人公の頭の中の出来事が静かに交錯していきます。後で調べたのですが、渡辺健さんにとっては、今回が映画初主演作品だったそうで、ハリウッドでの活躍を考えると意外でした。ですから今回自ら、エグゼクティブプロデューサーを買って出て、映画のプロモーションや試写会を企画し、かなり気合が入っていました。上演後も、渡辺健さん自身がマイクをとって、映画に関する質問コーナーを進行していました。私の妻は、「どこから見ても隙がなく美しい人や!」と感激していました。私は、自分自身がアルツハイマーになったらというより、妻が発病したらどうするだろうと真剣に考えてしまいました。
Posted by : sassyman | 映画 | 19:56 | comments(0) | trackbacks(1)
スポンサーサイト
Posted by : スポンサードリンク | - | 19:56 | - | -
コメント









この記事のトラックバックURL
http://sassyman.jugem.jp/trackback/79
トラックバック
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2007/05/31 10:08 AM |
TOP