よく人から人間っぽくないと言われます
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by : スポンサードリンク | - | | - | -
<< おかんカレー(見よチーズの粘りを) | main | 王子動物園旧ハンター邸の桜 >>
シンプルなラブストーリー
ミリオンダラー・ベイビー
ミリオンダラー・ベイビー

「モンスター」を観てから、ハリウッド娯楽系でなくかといってミニシアターカルト系でもない正統派の映画を観たいなと思うようになりました。「ミリオンダラー・ベイビー」も2005年アカデミー賞を総なめした作品でクリント・イーストウッド、ヒラリー・スワンク主演、モーガン・フリーマンが脇役で固める重戦車のような映画でした。

ストーリーはいたってシンプル。貧困層出身の31歳のマギーは、日々の生活や過去に関係なく自分を試すことのできるボクシングに夢を重ね、名トレーナーであるフランキーに弟子入りします。マギーは亡き父の面影をフランキーに見出し、フランキーは疎遠な娘への想いをマギーに重ね、やがて二人は心を通じ合わせることとなります。フランキーのもとで、修行するマギーはメキメキと頭角を現し、ついにはタイトル戦まで登りつめます。タイトル挑戦試合のチャンピオンの反則スレスレのパンチが原因で、マギーは重度の障害を負うことになります。

マギーを救うことのできないフランキー悲しみと人生の目標を失ったマギーのつらさが、二人の重厚な演技からひしひしと痛いほど伝わってきます。ロッキーのようなスポ根ハッピーエンドではないところにこの映画の素晴らしさがあります。なにしろ最初の30秒で映画に引き込まれます。やはりクリント・イーストウッド、モーガン・フリーマン、ヒラリー・スワンクの名演技は、鳥肌が立ちますね。
Posted by : sassyman | 映画 | 01:18 | comments(0) | trackbacks(1)
スポンサーサイト
Posted by : スポンサードリンク | - | 01:18 | - | -
コメント









この記事のトラックバックURL
http://sassyman.jugem.jp/trackback/48
トラックバック
クリント・イーストウッド監督の映画を観てきました。 アカデミーの四部門の賞受賞ほか、さまざまな映画の賞を獲得した作品ですが 見れば「納得」イーストウッド、あんたすごいよ! (って私が言わなくても皆知ってるちゅうの) ヒラリー・スワンクもタフで野心家な
| 新×3もろもろ日記 | 2006/04/11 7:35 PM |
TOP