よく人から人間っぽくないと言われます
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by : スポンサードリンク | - | | - | -
究極の裏打ちとハスキーブレスの競演



東京スカパラダイスオーケストラ - サファイアの星 - EP - サファイアの星


久しぶりにiTunesで買い物しました。前から気になっていた東京スカパラダイスオーケストラの「サファイアの星」です。ノリノリ裏打ちは、必要以上に元気になります。今回のゲストボーカルはCHARA、何を言っているか全く分からない猫ナデハスキーボイスとブレスはスカパラに合っています。可愛いという表現が正しいのでしょうか。旦那さんの浅野忠信さんとの間には、確かお子さんもいらっしゃいましたよね。なんとお洒落な家族。

曲は、百万年変わらないスカのリズムと管楽器の競演。安心して究極の裏打ちに浸ることができる名曲です。最近ライブに行っていないので、スカパラ聴いて踊ってストレス発散したいですね。ストレス溜まってないけど…(笑)。衝動買いで他の楽曲『めくれたオレンジ』『銀河と迷路』『世界地図』『美しく燃える森』まで購入してしまいました。昔の楽曲は1曲150円なのに今回の『サファイアの星』は200円に値上がりしていたことだけが悔やまれます。

私の知っている人にCHARAに雰囲気とルックスが似ている人がいます。(関係ないけど)

Posted by : sassyman | 音楽 | 01:23 | comments(0) | trackbacks(0)
ポルトガル語でデビットボウイのカバーを唄いまくり
The Life Aquatic Studio Sessions
The Life Aquatic Studio Sessions
Seu Jorge

あまり一般には知られていない優れたアーティストを見つけて優越感に浸っています。もっとも知らなかったのは私だけで、すでにブレイクが終わっていたりして…(笑)。『ライフアクアティック』を観て、映画自体の秀逸さに加え、船員の役で渋く深いアコギボーカルとキラキラ光る存在感が印象に残り、インターネットで調べたあげくたどり着きました。セウ・ジョルジというブラジル音楽界のニューリーダーとのことです。サンバをベースにソウル、ボサノバ、フレンチなどミックスした憂いのあるボーカルは、一瞬ほかの事をしていた手を止める磁力を持っています。

ポルトガル語で、デビットボウイの名曲をボサノバ調アレンジでカバーしています。デビットボウイを聴かない私でもメロディを思わず口ずさんでしまいます。夜の静かで落ち着いた雰囲気にアコースティックギターだけのボーカルはオススメです。『ライフアクアティック』はミニシアター単館系の映画なので爆発的に売れることは永遠にあり得ませんが、随所で彼のカリスマボーカルが冴え映画を引き締めています。お小遣いに余裕ができたら、他の作品も是非聴いてみたいです。

Posted by : sassyman | 音楽 | 02:57 | comments(1) | trackbacks(5)
モンキーマジック MONKEY MAJIK



MONKEY MAJIK - Around The World - EP - Around The World


売れているみたいですね。私はドラマは見ないので、もちろん香取慎吾(漢字があってるかも怪しい)の「西遊記」も見ていません。でも街角や店頭でこの曲が流れているのを聴いてついついダウンロードしてしまいました。オリエンタルというかエキゾチックなメロディとリズミカル&パワフルなボーカルはかっこいいですね。最近ヒップホップまたはジャジーな流行の中で、ポップス王道的で逆に新鮮な感じがしました。iTunesで買ったので残念ながらジャケットはありませんが、ジャケットのセンスも気に入りました。
Posted by : sassyman | 音楽 | 00:15 | comments(0) | trackbacks(0)
Keep Tryin'



宇多田ヒカル - Keep Tryin' - EP - Keep Tryin'


auのLISMO(Listen Music Moble)のCMではじめて聴いてから、センスの良さノリの良さが気になっていました。もともと宇多田ヒカルは好きだったのですが、「traveling」以来の宇多田ヒカルの真骨頂を堪能しました。これからゆっくり歌詞を味わおうと思います。
Posted by : sassyman | 音楽 | 00:06 | comments(0) | trackbacks(1)
中年派手派手
タイムレス
タイムレス


Sergio Mendes & India Arie - Timeless - Timeless (Featuring India Arie)


セルジオ・メンデス, ブラック・アイド・ピーズ, エリカ・バドゥ, ウィル・アイ・アム, スティーヴィー・ワンダー, グラシーニャ・レポラーセ, Qティップ, ジル・スコット, ミスター・ヴェガス

ブラジルポップの大御所セルメンの10年越しの新作「タイムレス」はまります。ボサノバとR&B/ヒップホップとのコラボレーションは、圧巻。気合入っています。ジャケットの男性はセルジオメンデス本人の若かりし頃でしょうか。濃いですね。楽曲はどれも爽やか軽やかピアノとアコギに力強いベースのリズムが効いて、お洒落です。最近クラブやディスコで踊り狂う機会が全くなくなったけど、そろそろ復活したい気分になりました。アンダー30お断りのクラブって、大阪にあるのでしょうか。
Posted by : sassyman | 音楽 | 19:57 | comments(0) | trackbacks(0)
芸能バカじゃなくて芸能オンチ
20060311_34470.jpg


平井堅はもともと声が好きだったのですが、アルバムはイマイチだったので、これまで真剣に聴いたことはありませんでした。昨年シングルベスト「歌バカ」が発売されて、さっそく買ってみました。初回限定にはDVD付きで、全曲のミュージッククリップが収録されています。これで4200円はかなりお得。私以上に喜んでいたのは、5歳の長男で、「キミはともだち」「POP STAR」そして「Strawberry Sex(???)」が気に入ったみたいで、何度もリピートして踊っています。私のお気に入りは、「Ring」です。成人してそれぞれ家族や仕事を持つ兄弟が、田舎の年老いた両親の家に集まり、おじいちゃんの誕生日を祝うビデオクリップは泣けます。ドラマの主題歌(挿入歌?エンディング?)だったみたいです。ドラマやバライティを見ない中年オヤジでした。
Posted by : sassyman | 音楽 | 20:21 | comments(0) | trackbacks(0)
iPod nano欲しい
Listen To The Music 2(通常盤)
Listen To The Music 2(通常盤)


Traveling 「Listen to the Music 2」 より


カバー曲の選曲は彼のセンスの良さというか、私の好みにばっちり合っていましたので、ついついアルバム購入してしまいました。『traveling』は、オリジナルに負けない打ち込みチョッパーベースのテンポとノリの良さ、そしてアレンジの上手さが絶品。『ごはんができたよ』はオリジナルをあまり知らないけど、歌詞が槇原らしくほのぼのとして気に入りました。おもわず夕食で子供を食卓に呼ぶとき、「ご飯ができたよー」って歌ってしまいます。ちなみにうちの長男は『TIME AFTER TIME』がFavoriteだということでした。なんか渋い・・・。

しかし、iTunesって便利ですね。
1.視聴ができる ⇒ 失敗リスクの軽減
2.一曲単位で購入できる ⇒ 捨て曲の排除
3.一曲150円〜 ⇒ 節約
4.検索機能 ⇒ 目的のアーティストや曲を一発検索
5.リスナー情報 ⇒ 感性の同じ新しい曲やアーティストの発見
6.ダウンロードチャート ⇒ 売れ筋チェック
7.HDD保存 ⇒ 保管が簡単でお部屋のスペース確保

ここまで感動しているのに、iPodを持っていない私って・・・。
Posted by : sassyman | 音楽 | 13:32 | comments(0) | trackbacks(0)
アマゾンじゃなくて
LIFE IN DOWNTOWN(初回生産限定盤)
LIFE IN DOWNTOWN(初回生産限定盤)


HOME MADE 家族 - LIFE IN DOWNTOWN - ほんの少しだけ


iTunes、以前から気になっていたので、インストールして、ジョブスが描く世界観の素晴らしさに感動していたのですが、楽曲を購入するには抵抗がありました。便利すぎて怖いという・・・。しかし怖がっていては、前には進めないということで、一念発起して、購入したのが槇原敬之の『LIFE IN DOWNTOWN』。ツタヤでCDを見つけたときに「遠く遠く」が収録されていたので、iTunesでもと思ってアルバムを購入したのですが、CD初回限定ボーナストラックだったのですね。少しショック。

アルバムの内容は、槇原敬之の原点的なボーカルのメロディがしっかりしたノスタルジックな懐かしいポップスが中心でした。中年サラリーマンの私には、安心して落ち着いて聴けます。彼の曲の良さは、メロディだけでなく、歌詞が飾らず素直に心を表現しているところだったのですが、結婚して子供に囲まれるとなかなか落ち着いて歌詞に浸ることができません。夜中にヘッドフォンでこっそり楽しむことにします。
Posted by : sassyman | 音楽 | 12:57 | comments(0) | trackbacks(0)
TOP